プロジェクターの明るさについて

プロジェクターの明るさについて

プロジェクターを選ぶ時は映像の明るさも考慮しなければいけません。
ただ明るければ良いという訳でもなくて、明るすぎると眩しくて肝心の映像が見づらくなります。
どういった環境でプロジェクターを使うかで明るさを選ぶ必要があります。

 

プロジェクターの明るさは最大輝度という数値で表され、単位はルーメンと言います。
数値が大きいほど明るい映像を写すことが出来ます。
1ルーメンは1メートル先に1本のローソクを置いた時の手元の明るさを指します。
100ルーメンなら100本の1000ルーメンなら1000本のローソクを1メートル先に置いた時の明るさです。

 

家庭用のプロジェクターは1000〜2000ルーメンの物を中心に販売されています。
少し明るい部屋でも使いたいなら2000ルーメン以上の物が必要です。
少し高価ですが家庭用の物でも2000ルーメン以上の物は販売されています。
逆に少人数で暗い部屋、80インチ以下のスクリーンでの使用なら1000ルーメンでも十分です。

 

明るい会議室でのプレゼンで使用される業務用のプロジェクターは2500ルーメン以上が中心となります。

プロジェクターの明るさについて関連ページ

予算で選ぶ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ランニングコストに注意
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
設置環境を知る事が大切
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ホームシアター用の選び方
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
明るい部屋でも使えるタイプ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
解像度について
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
家庭用プロジェクターを充実させるなら
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
選び方のポイントは?
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
モバイルプロジェクターとは
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
解像度で選ぶ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
大型テレビと比較してみる
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ホームシアターも楽しめる
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。