明るい部屋でも使えるプロジェクター

明るい部屋でも使えるプロジェクター

プロジェクターと言えば部屋を暗くして使う物というイメージですよね。
確かに部屋を暗くした方が映像が鮮明に写るというメリットがあります。
ただ明るい部屋でプロジェクターを使う場合もありますよね。

 

例えば天気の良い昼間からプロジェクターを使う時、いくらカーテンを閉めても部屋はそれなりに明るくなります。
また小さいお子さんのいる家庭では部屋を暗くすると、足元が見えず危険です。
更に会社のプレゼンで使用する時、部屋を暗くしすぎたら手元の資料が見えません。

 

このように明るい部屋でプロジェクターを使う状況は沢山考えられます。
ですが最近の製品は明るい部屋でも使えるぐらい光度の強いタイプがあります。
ホームシアター用なら2,000〜2,400lm、ビジネス用なら3,000lm以上の製品が販売されています。

 

明るい部屋でプロジェクターを使う時のためのスクリーンも存在します。
ブラックスクリーンと言われる黒いスクリーンなんですが、名前の通り表面が黒くなっています。
それなりの値段はしますが、明るい部屋でも画質にとことんこだわりたい人にはオススメです。

明るい部屋でも使えるプロジェクター関連ページ

予算で選ぶ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ランニングコストに注意
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
設置環境を知る事が大切
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ホームシアター用の選び方
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
解像度について
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
明るさについて
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
家庭用プロジェクターを充実させるなら
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
選び方のポイントは?
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
モバイルプロジェクターとは
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
解像度で選ぶ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
大型テレビと比較してみる
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ホームシアターも楽しめる
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。