ホームシアター プロジェクター 選び方

ホームシアター用プロジェクターの選び方

プロジェクターにはビジネスシーンで利用できる「データプロジェクター」もありますが、
映画鑑賞など自宅で楽しむために使うのであれば「ホームシアター用プロジェクター」がお勧めです。
ビジネス用は明るい会議室でも使えるよう明るさを最重視して作られている分、
画質はイマイチですから、映画鑑賞などには向きません。

 

ホームシアターとしてのプロジェクターの選び方ですが、一つ目のポイントは「明るさ」です。
部屋を暗くして観るのであれば1000ルーメンでも十分ですが、
最近は2000ルーメンかそれ以上の明るさを持つ機種が増えているようです。
2000ルーメン以上であれば、部屋を暗くしなくても観る事ができます。

 

画質に大きく影響を及ぼす「解像度」も、選び方のポイントの1つになります。
解像度が高ければ高いほど画像に使用されているドットが細かいということですから、それだけキレイに見えます。
安いものは解像度も低めですから、あまり値段を重要視しすぎると画質のアラが目立ってしまって不満が残ってしまうでしょう。

 

他にもホームシアター用の場合、投影距離やコントラスト、インターフェース、騒音レベルなどの選び方にも注意しましょう。

ホームシアター用プロジェクターの選び方関連ページ

予算で選ぶ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ランニングコストに注意
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
設置環境を知る事が大切
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
明るい部屋でも使えるタイプ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
解像度について
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
明るさについて
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
家庭用プロジェクターを充実させるなら
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
選び方のポイントは?
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
モバイルプロジェクターとは
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
解像度で選ぶ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
大型テレビと比較してみる
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ホームシアターも楽しめる
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。