ホームシアターをプロジェクターで作ろう

ホームシアターをプロジェクターで作ろう

プロジェクターと呼ばれているものには大きく分けて、会議等で使われるデータ表示用のものと、ホームシアター様のものに分ける事が出来ます。

 

ホームシアターを見る為のプロジェクターの選び方は次の点に気をつけます。*ホームシアター用のものは、その名の通りホームシアターには最適なように作られているのですが、画面が16:9の比率になっており明るさはデータ用に比べ劣りますが、色やコントラストは高く映画やブルーレイなどを再生し鑑賞するには最適な選び方になっています。

 

データ用のものは画面の比率が4:3になっていて、プレゼンテーションなどが主な使用目的のため色の再現性があまり重要視されず、どちらかと言うと明るさや鮮明さを重視した作りになっています。

 

データ用のプロジェクターがホームシアターで使えない訳ではありませんが、画面比率の違いにより画面が小さく表示されてしまうことがあり、色の再現性もホームシアター用の方が高いので、正しい選び方でプロジェクターを選びホームシアターを楽しみましょう。

ホームシアターをプロジェクターで作ろう関連ページ

予算で選ぶ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ランニングコストに注意
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
設置環境を知る事が大切
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
ホームシアター用の選び方
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
明るい部屋でも使えるタイプ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
解像度について
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
明るさについて
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
家庭用プロジェクターを充実させるなら
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
選び方のポイントは?
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
モバイルプロジェクターとは
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
解像度で選ぶ
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。
大型テレビと比較してみる
おすすめのプロジェクターとプロジェクターの選び方をご紹介します。